不動産管理会社の設立

不動産管理会社とは個人が所有しているアパートの管理を行ったり、法人自らがアパートを保有・経営している会社のことです。

よく、「不動産管理会社を設立すると節税になる」という話を聞く方も多いと思います。しかし、メリットもあれば、当然デメリットもあります。自分の所得を加味して慎重に判断しないといけません。

不動産会社を設立するメリット

1、不動産所得が給与所得になることで、給与所得控除が受けられます。

2、配偶者・子を役員にして、役員報酬を支給し所得の分散が可能になります。  

   また、この役員報酬は将来の相続税の納税資金にもなります。

3、青色欠損金の繰越期間が個人は3年でしたが、法人は9年になります。

4、生命保険等を活用した幅広い節税が可能になります。

5、法人にすることで、税率が低くなる可能性があります。

 

不動産会社を設立するデメリット

1、社会保険の加入が義務付けられます。

2、たとえ赤字でも約7万円の税金が毎年発生します。

3、設立に諸費用がかかります。

4、税理士報酬等のランニングコストがかかります。

  ( 税理士に相談できるので、メリットと考えることもできます)

杉浦経営会計事務所

税理士法人

杉浦経営会計事務所

営業時間
8:30~21:00
(土日除く)
営業日
当社カレンダーによる

〒492-8139

愛知県稲沢市国府宮

神田町45番

TEL 0587-23-3100

FAX 0587-23-2558

カウンター

サイトNo.38

18.12.17