暦年課税の証拠(例:親から子へ現金を贈与する場合)

①必ず振込で行う

本当に「あげた」という証拠を残すために、親の預金口座から、子の預金口座へ振込むようにしてください。

現金でのやりとりでは証拠が残りませんが、振込めば、「あげた」という証拠が残ります。

また、子が普段使っている口座(給与の振込や生活費の引落とし等がある口座)に振込めば、子が「もらった認識がある」という証拠にもなります。



② 通帳の管理は子自身で行う

もらった財産の管理は子が行わないといけません。

子が自分で管理し、自由に入出金ができること

よって、自分のものであると主張できます。通帳

や印鑑の管理は必ず子が行うようにしてください。


③贈与契約書を作成する

贈与契約書があるかどうかと、贈与が成立しているかどうかは関係ありませんが、上記①②を満たしたうえで、贈与契約書を作成すれば、より強い証拠になります。


④贈与税の申告

110万円を超える贈与相続時精算課税を行う場合は、

必ず贈与税申告  が必要




杉浦経営会計事務所

税理士法人

杉浦経営会計事務所

営業時間
8:30~21:00
(土日除く)
営業日
当社カレンダーによる

〒492-8139

愛知県稲沢市国府宮

神田町45番

TEL 0587-23-3100

FAX 0587-23-2558

カウンター

サイトNo.38

18.7.30